文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
芸文のHPで発見して以来、ずっとずっと楽しみにしていました
教授の筝協奏曲。



■プログラム


坂本龍一:箏とオーケストラの為の協奏曲(世界初演)

グバイドゥーリナ:「樹影にて」アジアの箏とオーケストラのための

プロコフィエフ:バレエ音楽「ロメオとジュリエット」 作品64 より


教授の箏とオーケストラの為の協奏曲の初演ということで
このプログラムを発見した時から楽しみにしていました。
演奏が終わった後、教授が客席から登場した時はびっくり!!!
本当に素敵な曲だったな。

舞台に4つ筝が置いてあって、それぞれ四季によって使い分けるということ。

筝という楽器の音色の多彩さにもびっくりしました。

筝といえば、「宮城道雄」で「春の海」だったけど、
ああいう音色だけじゃなかったんだなと。
シタールにも通じる感じがした。

2曲目のグバイドゥーリナは予想通り、変な曲。
やっぱり、いかにも現代音楽って感じでちっとも理解できない。
なんか、作曲者の自己満足?って感じがする。
リゲティの時も感じたけど、音楽じゃなく、音の集合体って感じ。
「樹影にて」っていう題名が付いているけど、どこが?
って感じ。樹影を感じるところなんてちっとも無かった。
スポンサーサイト
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は、知り合いにチェロの無伴奏のコンサートのチケットをいただいたので
大阪のイシハラホールまで行ってきました。
名前だけは知っていたホールなのですが、
いかんせん、今まで行く機会がなったホールです。

こじんまりとしていたけど、なかなか小コンサートにはぴったりのホールでした。

コンサートはなかなかよかったけど、演奏者のチェロって
中ランクなのかな?
時々あんまり美しく無い音が出て、気になりました。


コンサートの帰りに
久々にムジカの堂島に行きました。


201003272025000.jpg

何にするか迷ったけど、胡桃スコーンセットを注文。

201003272026000.jpg

紅茶は「プラウド オブ スリランカ」。
帰りには持ち帰り用のスコーンを買って帰りました。
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
明日はショパンの生誕200年の日だったんですって。
山本くんオールショパンプログラム行って来たし。

▼プログラム
《オール・ショパン・プログラム》

夜想曲 第20番(遺作)
練習曲 第12番「革命」
バラード 第1番
ワルツ 第6番「小犬」
ワルツ 第7番
ワルツ 第8番
夜想曲 第13番
ポロネーズ 第6番「英雄」

前奏曲 第15番「雨だれ」
4つのマズルカop.30
 第18番・第19番・第20番・第21番
アンダンテ・スピアナートと華麗な大ポロネーズ


<アンコール>

ショパン  ワルツ 第2番 変イ長調 op34-1
       夜想曲 第20番(遺作)



201002281609000.jpg


少々荒削りなところがあっても、やっぱり聴きたいと思わせるピアニストです。
今回も正装して出てきたのですが、やっぱり、着られている感アリアリで
とっても可愛かったです。
何時までたっても、挨拶の仕方が『子供の発表会』みたいで(←褒めてます)
凄くほほえましい。
何時までも山本君には、いまのような感じで居て欲しいなぁ。
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は昼からなんばへと『仮名手本忠臣蔵』を観に行ってきました。
で松.竹.座に行くのに少し迷ってしまった……orz。
もう、何回も行っているのに(汗)

で、本編はと言うと……今までで一番微妙だったかも。
解らないなりにいつもなら楽しめたのですが
今回のはね……半分くらい寝ていた(爆)

終わってからは、友人とカフェでカフェインを取って
帰途に着きました。





read more→
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● Playing The~ ● 2009年12月20日
闇の中で道しるべとなるかのようなピアノ曲。
深海で揺蕩うような感覚。
黙の中で唯一、生を感じさせてくれるピアノ。
そのような感じで教授のコンサートが始まりました。
聴いていると不思議な空間に囚われるのを感じ、その場にいる幸せが湧き上がってきました。

大貫さんのあの歌声は、なんと形容して良いかわからないけど、
独特でCMや何かのテーマソングを歌われていても直ぐわかる。
とても心地よく、身体にしみこんでゆく。
凝り固まった心や精神を解きほぐしてくれるそんな歌声。

席はK列だったけど、下手よりだったので
教授が弾いている姿もしっかり見ることが出来たし
春よりも更に満足度の高いコンサートでした。

ブラヴァもいいホールでした(ブリーゼが微妙すぎただけかも)
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は半休をいただいて、ブリーゼブリーゼであるコンサートに行きました。

ブリーゼブリーゼは2回目なのですが、やっぱりこのホールは好きになれません。
モダンスタイリッシュな感じを目指しているのでしょうが
ホワイエの壁面は、白すぎて、目に優しくない感じだし
お手洗いはせっかく一方通行に作っているのに
客は一方通行だとは気付かないようで、出口から入るし、
少なくとも、四季劇場のように列を捌くスタッフがいたらそういうことにはならないんだけど。

ホール内は、真っ黒で舞台は木目調。
でもチープ感はぬぐえません。
そして、舞台も狭い!
オケの人たち、狭そうだったもん。
演奏自体は良かったですよ。
でも、ブリーゼは2度といきたくないとは思わないけど
なるべく行きたくないですね。


あ、何時ものどおり、コンサートに行く前にム.ジカ(神戸)に行って
晩御飯を食べました。
何か一種の儀式みたいなものかな。
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は友人と「NINAGAWA 十二夜」行ってきました。
有名なシェークスピアの「十二夜」を歌舞伎で表現&蜷川演出とのこと。

まず、注目したいのが登場人物の名前。

ヴァイオラ     琵琶姫
シザーリオ    獅子丸
斯波主膳之助  セバスチャン
丸尾坊太夫    マルヴォーリオ
捨助        フェステ
大篠左大臣    オーシーノ公爵
織笛姫       オリヴィア
洞院鐘道     サー・トービー・ベルチ
安藤英竹     サー・アンドルー・エーギュチーク
麻阿        マライア

ってな感じ。
歌舞伎の形式の美しさと蜷川さんの演出、
舞台転換の斬新さ(少なくとも歌舞伎では有りえない)
舞台装置も中々素晴らしかったです。
歌舞伎風になっても、コメディの部分は全然損なわれていず、
むしろ、アレンジしているから面白い部分もありました。


席は3等席からだったから、ちょっと遠かったのが残念でしたが……。
亀治郎さんが扮する麻阿が本当に面白かった。
織笛姫は、何か声がな……私的にイマイチでした。
あと、見所といえば、やっぱり菊之助さんの早変わりでしょう~。
船の中で、琵琶姫と斯波主膳之助に変わるところがすごい!!
どんな仕掛けになっているんでしょう?
BBで、野獣から王子へと元通りになるシーン並みに凄いと思います。

いつか、1等席で観てみたい。
花道の横とかだったら、最高でしょうね。

read more→
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
プレトニョフ×川久保賜紀 ロシア・ナショナル管弦楽団のコンサートに行ってきました。


賜紀さんは、4月に芸文にいらしていたんだけど、
私がキャッツを選んだばかりに聴きに行くことが出来ませんでした。

まず、席に着席して驚いたのが……。

四面楚歌ならぬ、四面クラヲタオヤジに囲まれました。
ちょwwwwwww
悪いけど、クラヲタオヤジは独特のキモさがあるんですよー。

四季と違って、座席指定は出来なかったからな。
シンフォニーホールで購入したら、ある程度は指定できるけど
その代わり、現金onlyなので。
ま、そんな感じでクラヲタオヤジに囲まれつつ、聴いてきました。
あ、あと、後ろの列の爺さん……口あけて寝てて、呼吸音が煩かった……orz。
貴方は、ダースベイダーかww

で、気を取り直して……。
賜紀ちゃんの演奏、好きだな。
演奏中の表情もとってもいい。楽しんで弾いているのが、全身から現れているもん。
プレトニョフ&ロシアナショナルのサポートも抜群。
細く、悲鳴のようなE線の高音が、輝かしい音色でよかったけども。
やっぱり、楽器が若いせいか?
微妙に私の好みじゃない音色なんですよねぇ。

誰かーストラドを貸与してあげて!!!


アンコールはバッハ。

200907111620001.jpg


楽しそうに演奏する姿がほほえましかった。
っていうか、賜紀ちゃんは、女の私から見ても、セクシーなんですよね。
ちなみに日本語下手だけど(ロスで生まれて今、ドイツ在住で日本では生活したこと無い)


休憩挟んで後半は、チャイコフスキーの悲愴。

以前、この曲は苦手だったんだけど、何度かコンサートで聴くうちに
食わず嫌いだったんだなぁと思うようになって来ました。
でも、チャイコフスキーの交響曲で一番好きなのは"5番”だけど。


思った以上に空席が多かったのが残念だったけど、
素晴らしいコンサートでした。
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
◆ザ・シンフォニー特選コンサート Vol.13

齊藤一郎&山本貴志

情熱のチャイコフスキー!歓喜のブラームス!

ということで、誕生日は、山本君のコンサートでした。

1曲目はベートーヴェンでしたが……あーんまり記憶にございません。

だって、山本くんのチャイコフスキーを目当てだったんだもの。

山本くんは正装してましたが……服に着られてる感ありあり(笑)
なんでだろう?でもそれはおかしいのではなく、可愛いんだ~。
最初に拝見した時と比べても、全然初々しさが減ってない!

何かピアノの音が小さかったような気がしたのですが……気のせいなのかな?

さて、チャイコフスキーの第一番ですが……。
オケと息もぴったりで、華麗な指捌き。
あの独特の演奏スタイルは健在で、演奏中は完全に自分の世界に入っています。
すごい集中力ですね。
音もクリアで、テクニックも磨きがかかっているように思えました。

彼の演奏を誕生日に聴く事が出来て、至福のひと時でした

言葉で上手くいえないけど、末永く応援して行きたいピアニストですね。

アンコールのノクターンは、柔らかくて優しく包み込んでくれるような
音色で、本当に癒されました。

次はいつ大阪に来てくれるのでしょうか?


カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
大阪フィルハーモニー交響楽団
第428回定期演奏会

ザ・シンフォニーホール

指 揮:ヨナス・アルバー
ヴァイオリン:庄司紗矢香

曲 目:
コダーイ/ガランタ舞曲
リゲティ/ヴァイオリン協奏曲
ラフマニノフ/交響曲 第3番 イ短調 作品44


私の目的は、当然のことながら、庄司紗矢香さん。
今日のドレスは、赤色のワンショルダーでした。
中々素敵

曲目は、リゲティのコンチェルトということで、ちょっと嫌な感じがしていたのですが、
やっぱり的中……(汗)
現代音楽ってやっぱり、理解できない。
音が音楽になっていないっていうか、不規則、てんでバラバラ、洪水のように降り注ぐ感じで
素晴らしい曲とか美しい曲だなぁとかちっとも思えませんでした。
ストラドの美音を少し楽しんだようなものでした。
同じ現代音楽のヴァイオリン協奏曲でもベルクやショスタコーヴィチは
大好きで、ヘビーローテするくらいなのに。

ラフマニノフの交響曲も私の好みじゃなかったし。
ということで、なんだかどっと疲れました。

あーでも、以前聴いたときよりも大フィル良くなっていたような気がする。
特に弦が。できれば、コンマスが音楽財団よりドラゴネッティを借りている間に
聴きに来たかったのですが、ちょうどその間は、聴きたいソリストが来なかったので残念でした。

ところで、シンフォニーホールに行く途中、いつもハービスエントのビルに
掲げられているファントムの看板を見るのが楽しみだったのに。
当然のことながら、外されていて、おまけに三越のビルがかなり建っているので
エント自体が見えなくなっていたような……あ~あ
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
猫屋敷を出た後、ユキちゃんと一緒にかなちゃんとの待ち合わせの場所へ向かいました。
かなちゃんとは1ヶ月半ぶりくらいなんだけど、
相変わらず、キュートで素敵な女性でした。

19時から私が国際フォーラムである「ジュルネ」のコンサートに行くということで、
国際フォーラムのベンチでジュース&お菓子をお供に
いろいろな情報交換&「アンデルセン」をおススメし、
夏のWSSのこと、キャストのことなどなど。
楽しいひと時でした。
もっと一緒にお話したかったのですが、時間が迫ってきたので
私はここで、Bホールへと向かう。

最初のコンサートは下記のとおり。


エウローパ・ガランデ

ファビオ・ビオンディ

ヴィヴァルディ シンフォニア ト長調RV149 (カンタータ「ミューズたちの合唱」序曲)

パーセル 弦楽組曲「アブデラザール、またはムーア人の復讐」ニ短調

ヴィヴァルディ ヴァイオン協奏曲集作品4「ラ・ストラヴァガンツァ」より第4番イ短調 RV357

コレッリ 合奏協奏曲作品6-6

NEC_0113.jpg

アンコールを含めて、
どれも初めて聴く曲ばかり。
やはり、こういうコンサートに来なければ、聴くことが無かった曲かも。


このコンサートが終った後、時間があったので
カフェに夕食を取りに。
特別メニューを注文したので、「ジュルネ」仕様のキューピーをいただきました。

20:45~21:30  引き続きB7ホール

ドロットニングホルム・バロック・アンサンブル
ビョールン・イェーフヴァート(チェンバロ)
ニルス=エリク・スパーフ(ヴァイオリン)


J・S・バッハ チェンバロ協奏曲第1番ニ短調BWV1052
ヨハン・ルートヴィヒ・バッハ  組曲ト長調
J・S・バッハ  ヴァイオリン協奏曲第1番BWV1041


チェンバロの繊細な音が、いかにもバロックっていう感じ。
少人数のアンサンブルもいいですね。

NEC_0115.jpg


2つのコンサートのどちらもアンコールは「テレマン」でした。
テレマンって前から興味はあるんだけど、よく知らない……。
今度調べてみようかなぁ。
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 今日は前夜祭 ● 2009年05月01日
東京に着いて、いつものとおり、ホテルに荷物を預けたあと、
モスで食事をして、それから有楽町に移動しました。
国際フォーラムを横切って、映画を観るために銀座へ。

以前から観たいと思いつつ、上演時間が合わなかったため
結局観れなかった「ある.公.爵夫.人の生涯」を観るために。
幸いなことに今日は1日だし。
キー.ラ・ナイ.トレイってこういう時代のコスチューム似合うなぁ~。
これはDVD化されたら買おうと思います。

映画が終った後、国際フォーラムに戻り、
「ラ・フォル・ジュルネ」前夜祭スペシャルコンサートに。
2部に出演された、ネマニャ・ラドゥロヴィチが中々面白かったかも。
いろんな意味で(笑)

バッハのコンチェルトを演奏したパヴェル・シュポルツルは
蒼いヴァイオリンを持って登場。
蒼いヴァイオリンなんて初めて観た。

全体的になじみ深い曲目ばかりだったのですが、
以前、苦手だなぁと思ったシューベルトの「未完成」が意外と
いい曲だったので、今度じっくりと聴いてみようと思いました。

コンサート後、仕事の後に駆けつけてくれた前ちゃんと
久々~約1年ぶりの再会をし、お互いの近況などをおしゃべりし、
銀座をぶらっと。
で、キャッツの次の公演地が横浜なので、
横浜公演が開幕したら一緒に観に行く約束をし、お別れ!
あっという間に1日目が終了。
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
ということで、ituneストアで3月28日ブリーゼのコンサートのCDを購入しました。

1. glacier
2. Improvisation0328
3. to stanford
4. hibari
5. composition 0919
6. ambiguous lucidity
7. aubade
8. Before Long
9. bolerish
10. poppoya
11. choral no.1
12. ゴリラがバナナをくれる日
13. founatin
14. merry christmas mr. Lawrence
15. seven samurai
16. women without men
17. reversing
18. the last emperor
19. Behind the Mask
20. +33
21. parolibre


これに3月27日に演奏した「1900年」をプラスして。
そして、早速 i podに入れました。
明日からの通勤が楽しみです。

唯一、残念なのが拍手……いらんわ。
でも、教授のMCも付いているのは嬉しい。
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は、教授の『Playing The Piano 2009』ツアー
大阪2日目に行ってきました。

会場に着くと、ちょうど入場開始前だったので、
急いで列に並ぶ。

で、ホールに入って、パンフを買いに物販に突撃。
パンフとピンバッチを購入した人先着5名にもらえる、エコバッグが
まだあるということなので、迷わず、パンフ+ピンバッチを購入(笑)

さて、初めてのブリーゼホール。
なんだか無機質な感じ。
それでもって、意外と作りがチープ。大阪四季劇場に完全に負けてます。

そんなことはともかく……教授ファン仲間の、のあちゃんと会場でお逢いして
少しお話した後、それぞれの席に。

東京公演とかでは、マナーが悪い人が多かったと聞いていたので
いろいろと心配だったのですが、大阪ではそんなことも無く……。

「Behind The Mask」、「ゴリラがバナナをくれる日」「戦メリ」「ラストエンペラー」などなど
大好きな曲の数々を聴くことが出来て、至福のひと時でした。
あっという間に終ってしまって、物足りない。
1日目も行っておけば良かったかも~と少し後悔。

明日、セットリストが判明したら、追加します。
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 朗読劇 ● 2009年01月18日
石.丸さんの復帰作第一弾朗読劇「イノック・アーデン」の千穐楽に行ってきました。

舞台に、スタインウェイのグランドとバックに海辺の景色、そして椅子と
小さなテーブルのみのシンプルな舞台。

石.丸さんは、黒のショートフロックコート、アスコットタイというフォーマルな装い。
やはり、この方は気品と華がある。
気品とか華やかさっていうのは、努力でどうこうできるものではないから……。
今の四○には、石.丸さんほど、気品と華を供えた人は……見当たらないorz。
ちなみに石.丸さん、四○時代よりも若々しくなった気がする。

最初は時の経過が遅く感じられたのですが、
石.丸さんのある時は、イノック、ある時は、アニィ、またある時はフィリップ……
その場面場面にあわせた声色にイノック・アーデンの世界に引きずり込まれて行きました。
そして、最後気がつけば涙がじんわりと滲んでいました。


休憩なしの1時間40分、感動と舞台に集中していたせいか
思っていたよりも疲労が……(笑)
あと、今回の会場……2度目は無しかな。
次、また朗読劇するなら、違う劇場でしてください。
なんなら、芸文の小ホールでも良いので。

この後、芦屋のuffuさんへと向かう~~。
ダージリンオータムナル、ジュンパナ茶園とりんごのタルトを注文。

200901181656000.jpg

先ほどの朗読劇「イノック・アーデン」の文庫本を購入してきたので
それを読みつつ、まったりとしたひと時をすごしました。
帰りに会社用の紅茶を……ミントティとセカンドのジュンパナ茶園のティバッグをつれて帰りました。

カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)


今日は半休にて庄司紗矢香さんのコンサートに行ってきました。
まずは、いつもの紅茶屋さんにて晩御飯。
カシミールポテトのカレーライスセット。
ひよこ豆と迷ったけど、前回ひよこ豆食べたので、今回はポテトということで。



その後、いずみホールへと向かう。
いずみホールはシンフォニーと違って、微妙に面倒なんですよね……私的には。
環状線に乗らないといけないんですもん。

でも、いずみホールはクラシック専用とあって、シンフォニーより
音響が良く、格調も高い感じ。
その割に、コンサートのラインナップは微妙なんですけどね。

さて、肝心のコンサートですが……。
とても素晴らしいの一言。
伴奏のゴランさんと息もぴったりで、くるくると変わる表情と音色が印象的でした。
とくにブロッホ:ヴァイオリン・ソナタ 第1番 は圧巻。
最初のシューベルトの時と違って、音の激しさに呼応するように
表情もきりりと絞まった感じになって。
とても華奢なのにあのパワーはどこから出てくるのかしら?


曲が終った瞬間、弓が弦から離れて手を下ろすまでの
静寂がなんとも言えないくらいの緊張感を孕んでいて圧倒されっぱなしでした。
アンコールは4曲も!
とても楽しそうに演奏していたのが印象的でした。


NEC_0044.jpg

終演後、CDにサインをいただきました。

5月の大フィルの定期にいらっしゃるようなので
ぜひともチケットを取って行きたいです。

ヴァイオリニストは断然女性の方が好きで、ムターは別格ということで。
それ以外のヴァイオリニストでは、断然、庄司紗矢香さんが好き。

カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
200811291506000.jpg

本日は、待ちに待った『ベルリンフィルハーモニー』の来日公演日。
もちろん、席はS席を確保。

200811291337000.jpg

プログラムは↑の感じで。

やはり、ベルリンフィルは違いますね。
一人ひとりが、ソリストとして活躍できるくらい上手。

日本人奏者も何人か在団していらっしゃっていて、
私が聴きたかった、清水直子さんは今日のプログラムに参加されていましたが
コンマスの安永さんはいらっしゃいませんでした(涙)

どうやら、西宮とか岡山公演ではいらっしゃったらしい……orz。
あと、西宮にはパユ様も!!!
あーあ……どうやらプログラムの選択ミスしたらしい。

今日の公演は、追加椅子も出ていたし、どうやら立ち見の人々も居た。
さすが、ベルリンフィルですね。
人気の高さを伺うことが出来ました。

次、来日する時も聴きに行くことが出来たらいいなーと思いつつ、
きっと次の来日公演の時は、チケット代が諭吉5枚になってそうで……怖いな。
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。