文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 2人の天才 ● 2010年03月12日
今日は思い立って、会社の帰りに映画を観に行きました。

もう近くのムービックスは閉まってしまったので、
途中下車して、リーブルで上演している
「シャネ.ル&ストラヴィ.ンスキー」という映画を観ました。
リーブルは、ちょっとマイナーなヤツをしていることが多く
重宝するのですが、指定席制じゃないのが残念。
私としては、事前に席を指定してから行きたい方なのです。

ま、さておき、この映画を観るにあたって、事前に本を読んでいたのですが
やっぱり映像見ると、その時代の雰囲気が良くわかって良いですね。

映画は、ストラヴィンスキーの春の祭典と香水のNo.5が誕生するあたりの話がメインでした。
もともと、現代音楽に属するストラヴィンスキーは苦手で
彼の曲は、あまり聞いたことないのですが、映画の中で聞いていて
やっぱり、理解しがたいというか、苦手だということが
はっきりしました。
初演は大失敗で、その初演を観に来ていたのがシャネル。
ただ、シャネルはその失敗した作品を評価していたみたい。
その春の祭典のバレエダンサーにあのニジ.ンスキーが出ていたのも興味深かった。
ストラヴィンスキーは、初演が失敗した理由をダンサーのせいにしていたけど、
流石にそれは『無いわーー』と、心の中で突っ込みました。
や、どう考えてもその音楽のせいに決まっている!!!って(笑)
あと、時代のせいか、シャ.ネルもスト.ラヴィンスキーも
あちらこちらで平気にタバコをスパスパ……orz。
それも『無いわー』な感じでした。
どんな感じで話を〆るのかなーとドキドキしつつ観ていたら、
なんと春の祭典の再演の成功シーンから一気にうん十年後、シャネルの死
飛んで終わり~な感じでした。

ま、1,000円だから可も無く不可も無く?
こんなもんかなーっていうかんじでした。
スポンサーサイト
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● あの夏の日 ● 2009年12月11日
公開されてから、ずっと観たいと思っていた「沈まぬ太陽」を観てきました。
観るきっかけは、やっぱり謙さんでしょ。
それにしても冒頭からグッと心を鷲掴みにされました。
別に身内に事故にかかわった人がいるわけでもないけど、
自然と涙がこぼれました。
そして、生存者として生き残った方は、今どこでどんな生活をしているのか
遺族はどうしているのかと考えながら、画面を凝視しました。
そして、この映画には父を事故で亡くしたダイア.ナ湯.川という
ハーフのヴァイオリニストがかかわっているということを
聞いていたので、またそれも感慨深いことでした。

高度成長期、バブルに向かってまっしぐらな時代。
つい最近のようで、遠い昔に感じる。
そんな頃の話。

原作を読んでみたいと思いました。
観に行って良かった。
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 限定の ● 2009年11月04日
本日は会社の帰りにマイコーの「THIS IS IT」を観て帰ってきました。
マイコーの周辺にいた人のインタビューを交えながら
コンサートのリハを記録した映画なのですが、
本番に近いものがあり、驚きました。
また、リハといえども手を抜かない姿にも。
そして、コンサートというよりもスペクタルなショーといった感じでした。

自分ひとりではまず観に行かなかったと思うので
誘ってくれた友人に感謝。

read more→
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
本日、話題?の映画「きみが.僕をみ.つけた日」を観て帰ってきました。

はっきり言って、観た後、すっきりしなかったな……。
主人公の男の人がタイムトラベラーだから、40歳の主人公が死んでしまっても
40歳以前の主人公が未来にいったりすることもあるので
残された奥さんと子供は、一応は主人公に会えるわけですよ。
オマケに子供もタイムトラベラーで、主人公は自分で行くところをコントロール出来ないけど
子供は、自分の行きたい時間軸にいけるわけ。
なんで、残される悲しみとかそういうのは、希薄になってしまって
ちっとも共感できなかった。
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は午後から、以前より観たいと思っていた映画「クララ・シューマン、愛の協奏曲」を観てきました。


才能はあるんだけども、女性というだけで夫のサポートに回らないといけないジレンマや精神の病に冒されてゆく、ロベルトへの献身的な愛、看病、それを支える若きヨハネス・ブラームス。
徐々に精神を病み、奇行が増えてゆく、ロベルト。
三者三様それぞれの葛藤が良くみれて良かったですが……。
ブラームスの報われない献身的な愛が切ない。
ロベルトを演じていた役者がキモ……ww

この映画を観た事により、ブラームスのピアノ協奏曲第一番に興味を持ちました。
たぶん、CDは持っていなかった気がするので、いずれ買ってみようと思っています。
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
会社の帰りに「ウルヴァリン」を観て帰ってきました。
ウルヴァリンがウルヴァリンになる過程が描かれているのですが
中々興味深かった。

映画のワンシーンで、ウルヴァリンが理由有って裸で逃げていて、
牧場の納戸に逃げ込んだのを牧場主のおじいさんとおばあさんが
観ていて、おじいさんがウルヴァリンに近づいて行って
かけた言葉が最高!「麻薬をやっているのか?」だってww
思わず、某Jのアイドルの草の付く人を思い出しましたww
中々シリアスな展開でしたが、続編があるとのことなので
次もぜひ観たいと思っています。

他にもちょこちょこ観たい映画があるので、時間を見つけて観に行こうと思っています。
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 世界で一番 ● 2009年09月04日
以前より観たいと思っていた『アマルフィ~女神の報酬~」の映画を
観て帰ってきました。
時間が遅かったので、ちゅうちょしていたのですが、
来週からは1日に1回のみとなるようだったので……。

映像的には美しく見ごたえがあったけど、カメラワークが若干残念なところがあったし、
話にもう少し深みがほしかったなーと……。


私的注目点というと……。

織田裕二さんが扮する外交官黒田
ストイックでエリートで語学が堪能でカッコいい!

テンプラなイタリアの警官……。
カルチョ好きは当然なんだけど、アニメのキャプ翼好きっていうのもなー。
や、実際のところ、ヨーロッパで凄く流行ったアニメで、それをきっかけに
サッカーし始めたっていう選手もいるとか。
でも、テンプラ過ぎるw

サラ・ブライトマン。(本人役)

この人、相変わらずCDのジャケットと実際の姿形に差がある。
修正はいりまくり?
今はオペラ歌手体型でした。
で、その時々により美人だったり、微妙だったり……。
最近、ねっとりと歌うのがちょっと苦手になってきたりもしている(汗)



ぜひともシリーズ化していただきたい。
そして、原作の本を読んでみようと思っています。

読書の秋ですし♪
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 愛を読むひと ● 2009年07月15日
今日は会社の帰りに映画を観て帰ってきました。
『愛を読むひと』です。

1958年のドイツ、15歳のマイケルは21歳も年上のハンナ(ケイト・ウィンスレット)と恋に落ち、やがて、ハンナはマイケルに本の朗読を頼むようになり、愛を深めていった。
という話です。
21歳差がありなのか!?という驚きと、ケイト・ウィンスレットが惜しげもなく、裸体をさらしていたのですが、思ったほど、美しくなかったことがびっくり。
マイケルにとって、ハンナは生涯忘れえぬ&心を捉えた女性だったんだなぁと……成就することは無かったけれど。

ほろ苦いような切ない話でした。

来週は「それでも恋するバルセロナ」を観ようかな。
本当は「アマルフィ」を観たいんだけど、それを観たら、
帰れなくなりそうなので、もう少し上演時間が早くなるまで我慢。
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 赤い壁2 ● 2009年04月15日
会社の帰りに噂の映画を観て帰ってきました。
っていうか、この日の日記書いたはずなのに、何で無いの?
赤壁2の感想も書いた記憶あるのに……orz。
っていうか、追記で、周瑜、詰めが甘い!と、書いたのに
何でログが消えているの?
同じこと2回も書けないよ……。
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● たつの子 ● 2009年03月18日
今日は会社の帰りにレディスディを利用して
「ヤッターマン」の映画を観てきました。

先に観に行った親に聞くと微妙な反応だったから
心配だったのですが……私はすごく面白かったと思います。
深キョンがとっても可愛くてセクシーだったのと、
とことんネタが満載だったのがポイントかな。

がんちゃんもヒーローの癖にドンくさいところが良かった。
ボヤッキーやトンズラ?もそれぞれはまり役!
とっても似合っていた。

観に行ってよかった映画でした。
笑いたい方はぜひぜひ!
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● マンマ ● 2009年02月04日
本日は、会社帰りに「マン.マ・ミー.ア!」の映画を観て来ました。

舞台には舞台なりの映画には映画なりの良さがありました。
が、個人的好みを言うと、ミュージカルの方が好きです。
だって、ド.ナ&ダイ.ナモス……ちょっと年取りすぎ。
あと、ターニャ……美人じゃないから、ペッパー(若い男の子)がアタックしてくるシーン説得力無い……。
四季のだったら、八重沢さん、増本さん、森さんなどが配役されていますが
どの方も美人だもーん。
ロージーだって、もう少し若かったらなぁ……。
ソフィは最初、「えーーー」って思っていたけど、意外や意外。
可愛かったです。
スカイも中々かっこよかったかなぁ。

また、四.季のも観たくなったけど、いかんせん、今月末で楽。
時間とお金が無いので、名古屋までは行けない……(涙)





read more→
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 赤壁 ● 2008年11月26日
や、もう金城さんカッコ良すぎるでしょ。@赤壁
ちなみにこの映画、周瑜が主人公だそうですね。
ちっとも気づかなかった(爆)
や、私は金城さんが主人公かなーと思っていまして。
佇まいもですが、表情、特に瞳が美しくて見惚れてしまいました。
脇を固める人たちもそれぞれ個性的だし、かっこいいし、美人だし。
それとやっぱり中国語の響きが美しいなぁと思いながら、映画を鑑賞していました。

part2が来年の4月だそうで、今からとても楽しみです。
電車の時間を気にするあまり、
パンフレットを購入するのを忘れてしまいました。。。。。



ブーリン家も観たいな……時間あるだろうか?
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 会社→映画館 ● 2008年09月10日
今日は話題のセックスアンドザシティを観て来ました。
流石、話題の映画だけあって、水曜日でさえ、人が少なめな
会社の近くの映画館でも人が入っていました。

私はTVのシリーズは見ていなかったのですが、それでも充分楽しめる内容でした。
ちょ、ここまでスクリーンで放送してもいいの?
って思うシーンも有ったけど、笑えるところがかなり多くて、
他のお客さんたちも爆笑していました。
DVDが出たら買うかも。

次は、アンジーのヤツを観に行くかどうか迷っています。
あと、上映時間次第かな。
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 急遽 ● 2008年06月11日
今日、会社の先輩2人とお茶する予定だったのですが、
一人の都合が悪くなったので、お流れになってしまいました。
ということで、『幸せになるための27のドレス』観に行きました。

「プラダを着た悪魔」のスタッフということで楽しみにしていたのですが
思ったいたほどでは無かったような……可も無く、不可もなくってところでしょうか?

妹の結婚式をぶち壊した後、
ふたりで本音を語り合うところがあったのですが、
ヒロインは、妹のことをわかっていたつもりだったけども
実は、表面的にしかわかっていなくて、妹にも健気なところがあって、
ヒロインのようになりたいと思っていたということを知るシーンが、
ちょっと、ジーンと来たというか安心した。
近いようで遠い身内。遠いようで近い親友。

最後はめでたしめでたしな終わり方なので、すっきりとした後味でした。

カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は会社の帰りに話題の「ナルニア国物語~第2章~カスピアン王子の角笛」を
観てきました。

レディスディと言ってもいつも閑散としている会社の近くの映画館ですが
今日は、違いました。
やっぱり、話題作とあって、結構多かったです。

話の筋書きは、叔父に命を狙われる王子(正当な王位継承者)が
危機一髪で難を逃れ、森へ逃げたところで
ナルニアの住人たちに出会う&助けられる。
で、追っ手が迫ってきた時に、「角笛」を吹いてしまう。

角笛の音に誘われペベ.ンシー.4兄妹は、再びナルニアへと足を踏み入れる。

なんといっても前作では、心の弱さから白の魔女側についてしまった
エドマンドが今作では、たくましく成長し、とても頼りになる王に成長していました。
ルーシーは相変わらず、純粋で『信じる』ってことを一番知っている子だったし、
スーザンは、思慮深く頼りになるお姉さん、ピーターは……微妙(笑)

カスピアン王子、カッコイイ!
ナルニアと人の共存を選び、その為に王になる決心をするところ、
スーザンが森でルーシー1人にアスランの元へ行かせて
追っ手と戦っているところで、危うく~なところで、
かっこよく助けに来るシーン。
この二人に淡いロマンスが芽生えるところなんか
「おお、いい感じ~」と心の中で思いました。
お似合いの二人だったのに。
スーザンって、変に現実的なところがあるから……。
カスピアンが差し出した手を取らず、元の世界へと戻って行きました。
あーあ、もったいない(笑)

アスランは、美味しいところ取り(笑)

第3章でもカスピアンは出てきます。
が、4兄弟のうち、ピーターとスーザンは出てこないらしい……。
どんな話になるのでそしょうね。

カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は会社の帰りに『王妃の紋章』を観て帰ってきました。
タイトルの由来は、ラスト近くに解りました。
王妃に裏切られた王。
王妃の不倫相手の義理の息子(皇太子)
思慮と武力に富む第二王子
まだまだ子供だと思われていた末王子

私的には、母親思いの第二王子が良かったです。
王の息子達は、それぞれの形で王を裏切り、
末王子に皇太子は殺され、第二王子は母と謀反を起こし……orz
謀反の理由を問われた時、
王には敵わないとわかっていたが、母の為に……と
本心を吐露します。
その息子に王は赦す代わりに残酷なことを命じます。

『薬』を毎日自ら飲ませろと。

それは、微量のトリカブトが入っている薬のことでした。
王が裏切りの代償に王妃に飲ませていた毒入り薬をです。

実の母にそのようなことは出来ない第二王子は、自らの命を絶ちます。


で、王妃の紋章の由来は、謀反を起こす時に謀反を起こす日が重陽だったので
それにちなんで『菊の紋章』を着けていたことからだと……。


映画を観ていてずっと思っていたのは、コン・リーが冨永愛さんに似ているってこと。
気のせいじゃないと思うんだけどな。
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 今週も映画 ● 2008年03月26日
昨日の夜は、突然雨が降ってきて「明日も雨か……」と
思ったのですが、朝起きたら晴れていました。
でも、ちょっと肌寒かったけど。

今日は友人と映画を観て帰ってきました。
ディズニーの「魔法にかけられて」です。

私が観に行こうと思ったきっかけは、
サントラを作っている人の一人がスティーブン・シュワルツだったこと。
ウィキッドのオリジナルキャスト、イディナ・Mが出ていたことです。
てっきり、魔女役かなーと思っていたのですが、
NY在住のキャリアウーマン、離婚弁護士の彼女役でした。

これ、観に行く価値有りですよー。
凄く笑えます。
笑えるシーン多すぎ。
あと、パロディもちらほら。

白雪姫、シンデレラ、眠れる森の美女、あと美女と野獣のビーアワーゲストに
似たようなシーンもあった気がする。

もちろん、ラストはハッピーエンド。
落ち着くところに落ち着いたかなーって言う感じ。

そして、この映画いずれミュージカル化されたりして~と思ったのですが、
その辺はどうなんでしょうね。


「魔法にかけられて」の前に「ナルニア~」の予告がありました。
1が微妙だったので、観に行くかどうか迷っていたのですが
カスピアン王子役の人がカッコよかったし(爆)
映画の内容も気になるので観に行こうと思います。
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● ライラ ● 2008年03月12日
今日は会社の帰りに友人と映画を観てきました。
評判の「ライラの冒険」

前評判っていうかプロモーションに力を入れているから
どうなんだろうって思っていたけど、
普通に面白かったです。
ぐっと映画の世界に引き込まれてしまって
2時間が、あっという間でした。
中だるみも無かったし……。
3部作と言うことなので、あとの2作も早く公開して欲しい。

っていうか、原作読んでみるかも♪
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。