文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は……昨日に引き続き『劇団四季』
ミュージカル『キャッツ』
そうです、ファントムと並ぶくらい
有名で知らない人は居ないであろうミュージカル。

去年の9月以来のキャッツ。
凄く楽しみです。
今日は、いつもネット上でお世話になっている
ねこむと一緒に観劇。
メッセとかで話するから、あまり実感が無かったのですが
逢うのが今回で2回目。
何年ぶりかなーってくらい久々。
でも、やっぱり一目見れば解るもんですよね~。
少し早めに待ち合わせして、
近くのモールみたいなところで、
ぶらぶらした後、ランチ。
キャッツカフェ(笑)で、パスタランチを。
写真を撮っていたのですが……どうも
サイズがイマイチ。
後で、アップできそうだったらするかも。

今回の席は、一番安いC席の2階上手側。
全体が見渡せて、思った以上にいい眺め(笑)
猫たちも思っていた以上に
近くを走ってくれたし~。
今回は2回目ということもあって、
前よりはしっかりと観れた気もしますが……
やっぱりまだまだ猫の名前と顔が一致しない。
でも、ねこむから良く聞いていた
タガーはしっかりと(笑)
天邪鬼だから、ぽつんとしていることもあるし。
何より今回のスンラ・タガー
声が高いと事前に聞いていたんだけど
私の想像を遙かに超えた高さでした。
最初は、イメージと違うなーと戸惑ったのですが
だんだん違和感もなくなりました。

そう言えば、今回の鉄道猫可愛かった♪
その代わり、手品猫が物足りなかったかも。
あの黒鳥の32フェッテをモチーフにした
アレが……なんかイマイチっぽかったんだもの。


雌猫で好きなのは、断然ヴィクトリア♪
あのソロのダンスが、カッコよくて素敵なんですよ。
レベッカヴィクを初めて観た時に
ファンになってしまいました。

キャッツのいいところって、猫たちと観客達が
一体となれるシーンがふんだんにあるところ。
あと、座った席によったら
握手してもらえるところかなー。
今回は、丁度近くにヴィクトリアがやってきたので
手を伸ばして、握手してもらいました!!!!
嬉しかった!

そうそう、グリザベラの
メモリー……やっぱり、何度聴いても
感動!

シラバブのメモリーは、純粋で愛らしい感じ。
今回演じていた南バブの声が丁度
可愛らしい感じだったので、あっていたかも。


何かねこむがハマルのわかった気がする。

あっという間に観劇タイムが終了。
終わった後、駅に向かう途中で
お茶タイム~~。
いろいろとお話するも
何か時間があっという間に過ぎてしまって、
物足りない感が……。

新宿駅で、お別れ~。

私はまた、国際フォーラムへと向かう。

19:00~ 426 渡辺玲子、ニコラ・バルデル、工藤重典その他

20:30~ 447 仲道郁代 シンフォニア・ヴァルソヴィア

22:30~ 428 庄司紗矢香、ベレゾフスキーその他


426は、渡辺さんが出ているのと、プログラムに
動物の謝肉祭があったのとで、聴きに行くのを決定しました。
動物の謝肉祭の「瀕死の白鳥」を生で聴きたかったので。
チェロの深みのある切ない音色が涙を誘う。

シンフォニア・ヴァルソヴィア
まとまりがあって、いいオケでした!
こちらも『トゥオネラの白鳥』がプログラムに!
シベリウスも好きな作曲家の一人です。

428のピアノ5重奏
何で庄司さんがセカンドヴァイオリンなのよ!
これが凄く不満~~~。
マフチンがセカンドしたら良かったのに!
ホールCのフォーレのレクイエム行けば良かったなぁと
思いました(笑)
スポンサーサイト

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。