文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
200705262330000[1].jpg


今日は、川久保賜紀さんソリストの
関西フィルハーモニーの定期公演に
行ってきました。
もちろん、目当ては川久保さん。

曲目は、メンゼルスゾーンのヴァイオリン協奏曲

以前のコンサートでも聴いているし、
CDに録音して発売されている曲でもある。
だがしかし、使用しているヴァイオリンが
CDと今日では違うんだな。
今使用しているのは、ストラディヴァリウスの
『ムンツ』なんです。
やっぱり、『カテドラル』とでは、音色が違うし
年数を経ているから、演奏も進化している。
今日は天気が悪くて、シンフォニーに行くの
ヤダナーと思ったんだけど、行ってよかった。

今年に入ってから、3度目の関フィルだったのですが、
関西のオケの中では一番好きかも♪
今日のコンサートを聴いていてシミジミ思いました。

コンサート後は、当然の如く
川久保さんのサインを貰いに直行~。
先日発売したばかりのCDのライナーノートに
していただこうと思って、自分の番が来たとき
差し出したら、『あっ!』ととても嬉しそうに
微笑まれました!
『先ほど、買ったんです。家でゆっくりと
聴こうと思って……。楽しみにしています』
などど、お伝えするともっと嬉しそうにされました。

で、オマケに握手もしていただきました!
本当に感激しました。
でも、どうして、憧れの演奏者に実際接すると
↑のようなツマンナイことしか言えないのかなー
もっと気の効いた事言えたらよかったのに。
ちょっと、後悔。
スポンサーサイト

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。