文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 壁抜け男 ● 2007年06月16日
『壁抜け男』を観劇する為に京都劇場へ行って来ました。

本当は、前楽だけの予定だったのですが、
友人の日記を拝見したら、俄然観に行きたくなって……。

まず、最初の場面、
デュティユルがタイプを打っているシーン。
真剣な表情の石丸さんがカッコイイ!
石丸さんを初めて観たのは、
ストレートの「オンディーヌ」だったので
ミュージカルとしては、今回が初めて。
念願叶ってって感じ。
京都にオペラ座が来た時、石丸ラウルを観たいと
ずっと思っていたのですが、その時は
四季の会員でもなく、今ほど興味も無かった為
石丸ラウルは結局観ることが叶いませんでした。

真剣な顔、コミカルで楽しいシーンを演じているところ
様々な顔が観れて感動。
そして、ストーリーも凄く素敵!
脇役たちも個性的で光っているの。
すべての人を幸福にするっていうキャッチは
伊達ではない

あっという間にラストに……。
最後は切ない終わり方だったけど、いかにもフランスって感じのラスト。

あーっと!
このミュージカルには、アノ高井さんも出ているのですが
(部長役&所長&検事役で)
一般的には、高井さん=ファントムですよね?

壁抜けの高井さんを観ると……えーーーーアノファントムの
高井さんが、こういう役もするの!?
って驚くと思います。
あの美声は健在ですけど(笑)
とても新鮮だし、一見の価値ありww

新聞売りの有賀くんは、可愛かった。
夢醒めでも観れるといいなぁ~。

カーテンコールの後、役者さん&観客達で合唱した
歌とってもいい歌ですね。
今も頭の中に残っています。
余裕が出来たら、是非CD買いたいな~♪

次観劇するのは、前楽……。
今から、待ち遠しいです。
スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | CM(0) Page Top↑

コメント


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。