文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日の予定は、自由劇場で『赤毛のアン』の観劇のみ。

アンは、13時からなので午前中は時間があったのですが
2度寝したっぽいので、起きたら8時を過ぎていました。
慌てて着替えて朝食を食べに下に下りました。

30分くらいかけて、ゆっくり朝食を食べて
チェックアウトの準備。

そうこうするうちにチェックアウトの時間になってしまいました。

ホテルを出て、東京駅で妹に頼まれたものを購入し、
品川で昼食を取った後、浜松町へ移動。


自由劇場は去年の5月以来。
こじんまりとして、観客席と舞台がとても近い劇場です。
ホワイエが小さい&狭いのは残念ですが。

赤毛のアン
最初は、今年出版されてから100年記念だから、
行ってみようかなーぐらいにしか思っていなかったけど
行ってよかった!
マジで。

吉沢さんのアン、凄い!!!はまり役!
笑わせるところは、しっかり笑わせるし。
はらはらさせられるところ、ウルウルさせられるところ
凄く上手に演じられていました。
アンが出てきたとたん、一気に舞台に引き込まれたし。

っていうか、赤毛のアンのキャストに関しては
みんなぴったりな人ばかり。
江寿田さんのステイシー先生もぴったり。
アムネリスのときよりも素敵っていうか、声的にはまっていたと思う。

1幕の終わりのピクニックでのアイスクリームの歌!
あれって、狙いすぎ。
だって、幕間にアイスクリーム食べたくなるし♪
っていうか、しっかり食べたけどね(笑)

日下さん演じるマシューも存在感あって、ぴったりでした。
朴訥で無口なマシューそのものって感じだったし。
口に出さないけど、アンを気に入って凄く可愛がっているのが
ありありとしていました。
そして、亡くなってしまうシーンなんか、自然と涙が零れました。

これが関西で上演されていたら、絶対通うのに~~~~~~。
遠いのが残念だ。
スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。