文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は会社の帰りに話題の「ナルニア国物語~第2章~カスピアン王子の角笛」を
観てきました。

レディスディと言ってもいつも閑散としている会社の近くの映画館ですが
今日は、違いました。
やっぱり、話題作とあって、結構多かったです。

話の筋書きは、叔父に命を狙われる王子(正当な王位継承者)が
危機一髪で難を逃れ、森へ逃げたところで
ナルニアの住人たちに出会う&助けられる。
で、追っ手が迫ってきた時に、「角笛」を吹いてしまう。

角笛の音に誘われペベ.ンシー.4兄妹は、再びナルニアへと足を踏み入れる。

なんといっても前作では、心の弱さから白の魔女側についてしまった
エドマンドが今作では、たくましく成長し、とても頼りになる王に成長していました。
ルーシーは相変わらず、純粋で『信じる』ってことを一番知っている子だったし、
スーザンは、思慮深く頼りになるお姉さん、ピーターは……微妙(笑)

カスピアン王子、カッコイイ!
ナルニアと人の共存を選び、その為に王になる決心をするところ、
スーザンが森でルーシー1人にアスランの元へ行かせて
追っ手と戦っているところで、危うく~なところで、
かっこよく助けに来るシーン。
この二人に淡いロマンスが芽生えるところなんか
「おお、いい感じ~」と心の中で思いました。
お似合いの二人だったのに。
スーザンって、変に現実的なところがあるから……。
カスピアンが差し出した手を取らず、元の世界へと戻って行きました。
あーあ、もったいない(笑)

アスランは、美味しいところ取り(笑)

第3章でもカスピアンは出てきます。
が、4兄弟のうち、ピーターとスーザンは出てこないらしい……。
どんな話になるのでそしょうね。

スポンサーサイト
カテゴリ:映画 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。