文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 座敷わらし ● 2008年08月18日
今日は「ユタと不思議な仲間たち」の神戸公演に行く為に、
半休で仕事を切り上げて、時間までいつものお店でまったりしていました。

↓は、アフタヌーンティセット



開場の15分くらい前に、国際ホールに着いたのですが、
既に大勢の人たちが開場を待つ為に列を作っていました。
ちょっとビックリ。
常々思っていたのですが、どうしてミュージカルって開演の30分前にならないと
劇場に入れないんだろう?
クラシックのコンサートだったら、大抵1時間前に開場だから、
ホールでゆっくりできるんだけどな。



で、席はというと、最前列センターの下手通路側(爆)
ちょっと観づらかったかな。
最前列って、役者さんの表情が後ろよりもはっきり見えるのが
いい点かな。
汗とかも凄いかいているのがよくわかる。
それくらいかな?
あーあと、前の人の頭が気にならない。

因みにこの演目は京都劇場から数えて3回目なんだけど、
四季のファミミュっていうか四季の演目ってどれも素晴らしい話だなぁって
改めて思いました。

少し涙がこみ上げてきて、見終わっ後、心が温かくなるような
幸せな気持ちになるような。

それと、小夜ちゃんが、私が大ファンの笠松さんから
A夫人&プリシーな久居さんに替わっていたんで
最初はどんな感じなんだろうってドキドキしていたのですが、
普通にアリでしたね!
違和感なかった、驚いたことに。
壁抜けの時のA夫人&共産主義者の印象が強かったから(笑)

あ、でも、今ユタで全国周っているってことは……9月からのアンはどうなるの?
京都では出ないのかなぁ~。


お見送りは、ゴンゾの伊藤さん、いじめっ子の女の子たま子の上原さん、
ユタの藤原さん、タンジャの柏谷さんに握手をしていただきました!
本当はペドロ親分にもしてもらいたかったけど、余りにも人が多かったので今回は断念。


スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。