文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は京都劇場で「赤毛のアン」を観劇。
東京の自由劇場で観劇して以来、京都に来てくださるのを
首を長ーーーーくして待っていました。


主要キャストの3名は東京の時と変更なし。
一番の懸念だったのはマシューの日下さん。
ひょっとして、京都は別の方になるのではないかと心配していたのですが
日下さんのマシューだったので一安心。

何て言っても吉沢アン、ちょっと貴女、アンにはまり過ぎでしょ!!!!!!
もうピッタリ!
アンは貴女のためにある役ではないかと思うくらいはまっていた!
声もピッタリだし、普通の声の時と、ちょっと低めにして笑いを取るところとか
本当に最高!
もう兎に角、活き活きと舞台を駆け回るアンに魅せられました。
そして、日下マシューにも。
この人もマシューそのまんま。
マリラがアンを家においていいよって言った途端、アンと二人で踊りだすシーンとか
マシューは極度の内気で人見知りっていう設定なので、
アンのためにパフスリーブのドレスを買いに行っても、店員さんにパフスリーブといえず、
「パ・パ……」って言うだけで、買いに来たものを伝えれない。
あと、何と言ってもマシューが亡くなってしまうシーン。
このシーンは、涙無しには見れないですよ。
私の周囲皆、涙ぐんでいました。
本当に心配になるくらい、上手だった……。
なので、カーテンコールで元気そうなお顔を拝見した時は、安心しました。

ダイアナの五十嵐さんやギルバートの望月さん、ステイシー先生の江寿田さん等も
活き活きと演じていらっしゃってついついガン見。

ダイアナの見所といえば、やっぱり、間違ってお酒を飲んでしまうシーンかなぁ。
普段はおしとやかなダイアナなのに、お酒のせいで、机の上に足を投げ出してしまうところなんかビックリ!

一幕の最後がピクニックのアイスクリームのシーンなので、
今日は幕間に化粧室に行かずに、アイスクリームを買いに真っ先に行きました(爆)
アンの公演期間中だけ、アイスクリームの売り上げ凄いんだろうなぁ(笑)


それにしてもどうして、京都劇場での公演1ヶ月とちょっとだけなのかしら?
少なすぎる!あと、1回分はチケットあるけど、さらにもう1回くらい行きたいのに。
公演期間短すぎ。
何なら、来年は全国周ってくださってもいいですよ~~~。
出来る限り行くと思う。


笑いあり、涙ありのとても素晴らしい舞台なので
観に行った方がいいですよ。
スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。