文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
マチネにソンダン、ソワレはジーザスを観劇しました。

ソンダンは、ちっとも曲目の変更が無いのですが
人が代わることによって、アレンジも違うので
毎回楽しむことが出来ます。
正月に見たとき、バリ舞踊のシーン、フルーツを頭の上に乗せて
登場する女性たちが少なくて、ありえーーんと思っていたのですが
今回は元に戻っていて良かったよ~。
やっぱり、違うもの。
シンガー枠の方の中では3枠の李涛さんが一番好きかな。
アイーダのラダメス、ノートルダムのカジモド、キャッツのタガー、スターライトエクスプレス
シリアス・コメディ、いろいろな表情を見せてくださって、それがとてもハマッていたから
ラダメスやタガーにキャスティングされたらなぁって期待を抱かせてくれました。

前回観た時、厂原さん枠に前田さんが入っていたのですが、
可愛いというかカッコいい!
そして、何気にアクロがすごかった。
「早く王様になりたい!」が見ごたえありました~。
そして、男性ダンサーに一人見たことが無い人が居る。
誰だろうと思っていたら、なんと大塚さんだった(爆)
あれ?こんな爽やかな人だったっけ?
本当にびっくりした、でもよくよく考えると、
大塚さんのイメージ、ヘロデ王だったし、
素顔を見たことが無かったので、解らなくても仕方なかったかと。
京都のWSSには出てなかったと思うし。


で、ソワレのジーザス。
チケットは、12月の発売の時、四季の自動予約の設定ミスのせいで10時過ぎたにも拘らず
なかなか予約が出来ず、結局復旧した後、なんとか予約できましたが
後方席しか残っていず……(当然といえば当然だけど)
がっかり~な席だったのですが……。
なんと自由劇場、思っていた以上に客席と舞台が近い!
後方列でも凄く舞台が近く見えて、おまけにセンターブロックの
真ん中辺りだったので、全体を見渡せるいい席でした。

去年の全国の時と違って、群集たちが熱い!
狂信者シモンナンバーの時や商人たちが神殿を占拠して、商売をするシーンとか
ジーザスを見放し、逆に憎悪し、支配者に死刑にするように迫るシーンとか
すごく迫力があって見ごたえがありました。

他の感想は明日、また観るのでその時に。


観劇した後、お友達と待ち合わせしているので池袋に向いました。

お友達と会うのは、1月以来だったのですが、イメチェンしていて
前よりも可愛くなっていた~。
なんでもタイ料理のバイキングに連れて行ってくれるとか。

連れて行ってもらったタイ料理店は、時間制で1時間と1時間30分とから選べるということで
とりあえず1時間ということに。

友人いわく、ランチよりも種類が多くて値段を考えるとランチよりも更にお得らしいです。
好きなものを好きなだけ取るのもあり、メニューから選んで出来立てを持ってきてもらうのもあり
という、素敵なシステム!
しかし、哀しいかな、バイキングって張り切って食べようとするんだけど、
意外と食べれないんですよねぇ……。
でも、カレーやゴイクンとか本当に種類がたくさんあって美味しかったです。


スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。