文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
今日は、久々に「オペラ座の怪人」に行ってきました。
前回に観た時より、ラウルが鈴木さんに、ファントムが村さんに変更になっていました。
クリスティーヌは大好きな笠松さん。

さて、村さん。
もう、大阪でお逢いできないのかなぁと思っていたので、お逢いできて嬉しい!!!
MOTNを聴いてしみじみと思ったのですが、3人のファントムの中で一番好きかもしれない。
せつなさと心からの懇願、哀願?そういうのが歌に滲み出ていて、心を摑まれました。
笠松さんとの相性もいいし。
鈴木ラウル、カッコいいわー。微妙に声が出にくいかな?と思ったところもあったけど、相変わらず、素敵子爵様でした。
こういう人に一途に愛されたらねぇ~~~そりゃ、クリスティーヌで無くてもクラっとするでしょ。

ファントムはクリスを愛していたかもしれないが(独りよがりだけど)
クリスはファントムに対して、パパへの愛っていうかパパの代わり、もしくは師への敬愛だもんね。
何度観てもこころ揺さぶるミュージカル。

ああ、あと、好きなシーン。
最後のファントムの住処でのシーン。
クリスティーヌが、ぶち切れるところ(逆切れ?)
哀しみの涙~~~にくーーーしみにかわるぅ(怒)
さよなら、裏切りの友、夢はすべて壊されー。
↑え?や、クリスティーヌも大概酷いよ。
上手く言えないけど……。
ファントムは、不器用な愛を押し付けて、空回り。
クリスは、ファザコン……。
ファントムの愛を都合よく、違う種類の愛に摩り替えて、思い込んで
挙句の果て、「パパ(の代わり)だと思ってたのにームキーッ!」な感じ(笑)
や、そこが面白いんだけど♪
あと、1ヶ月と少しで楽を迎えるのかぁと思ったら、激しく寂しいけども。
次の公演地は名古屋なので、夏・冬くらいに行けたらなぁと思っています。



スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。