文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● 朝~秋劇場 ● 2009年05月02日
今回、久々に泊まっているホテルは、チェックアウトがなんと12時なのです!
朝、ゆっくり出来るホテルって貴重。
なおかつ、朝食(パンと珈琲or紅茶or牛乳orオレンジジュース)が
無料で付いているので更に嬉しい。
パンがまた美味しいんですよ。
なので、パンが好きな私としてはいつも食べ過ぎてしまう。
このところ、東京に着たら、いつも体重が増えるんだけど、
絶対、朝に食べ過ぎるのと、夜ホテルでついつい食べ過ぎるのが原因だと思う。

11時過ぎにホテルを出て、秋劇場へと向かう。
「アンデルセン」を観劇する為に。
本当は今回はキャッツのみだったのですが、
4月にアンデルセンを観劇した時に、松島&斉藤ペアの美しいバレエに
心奪われてしまって、どうしてもまた観たくなったので、
キャッツのチケットをユキちゃんの友達に引き取ってもらったんです。

松島さんも斉藤さんも元はプロのバレエダンサーで
数々の賞を受賞された方なので、素晴らしいのは当然なんだけど、
ミュージカルの中でその美しいバレエを観る事が
出来るのは本当に幸せ。
京都劇場にも来たらいいのになぁ。
斉藤さん台詞が多い役は今回初めてなので、
まぁ、他の人と比べたら……なんだけど、
2幕の見せ場の「人魚姫」のバレエが圧巻。
しなやかな踊り、指先、足のつま先までしっかり表現を見せてくださって
なおかつ、表情がすごくいい。

この2人以外だと、やっぱりハンス・アンデルセン役の味方さん。
トロイではギリシャの将軍で、堂々とした智将だったのに
今回は見事にちょっとヘタレで、でも優しく物語りを作るのが大好きな
ハンスを演じていらっしゃって、その差にびっくり。
まぁ、役者さんだったら、当然といえば当然なんだけど。
とっても素敵でした。
スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。