文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● BB ● 2009年05月09日
今日、京都劇場に「美.女と野.獣」を友人と観劇しに行きました。

そして、念願の飯田ビーストを観る事が出来ましたーーーーーーーーーーーーーーー
デビュしてまだ3公演目だったのですが……
最高です。あのお声……カヤパ様の時はしぶーーい低音が魅力だったのですが
その時よりもかなりボイストレーニングされたようで、王子らしいテノールとまでは
言わないけど、思った以上に高い声が出るようになってきたと見受けられました。
野獣としての演技も若々しくやんちゃっぽくて、お茶目なビースト。
どうしよう~~~飯田さんがシングルになったら、リピートするかも。
あと、ドキっというか、心をぎゅっとつかまれたところは
ビーストが「愛せぬならば」を歌うシーン。
ビーストの悔恨とベルへの想いを歌に籠めて歌うところなんだけど、
ビーストメイクから覗く飯田さんの目元にはきらりと涙が……。
1年と少し前に始めてキャスティングされて以来、ずっと登場されるのを
心待ちにしていたのですが、本当に拝見できる日が来て良かった。

スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。