文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
大阪フィルハーモニー交響楽団
第428回定期演奏会

ザ・シンフォニーホール

指 揮:ヨナス・アルバー
ヴァイオリン:庄司紗矢香

曲 目:
コダーイ/ガランタ舞曲
リゲティ/ヴァイオリン協奏曲
ラフマニノフ/交響曲 第3番 イ短調 作品44


私の目的は、当然のことながら、庄司紗矢香さん。
今日のドレスは、赤色のワンショルダーでした。
中々素敵

曲目は、リゲティのコンチェルトということで、ちょっと嫌な感じがしていたのですが、
やっぱり的中……(汗)
現代音楽ってやっぱり、理解できない。
音が音楽になっていないっていうか、不規則、てんでバラバラ、洪水のように降り注ぐ感じで
素晴らしい曲とか美しい曲だなぁとかちっとも思えませんでした。
ストラドの美音を少し楽しんだようなものでした。
同じ現代音楽のヴァイオリン協奏曲でもベルクやショスタコーヴィチは
大好きで、ヘビーローテするくらいなのに。

ラフマニノフの交響曲も私の好みじゃなかったし。
ということで、なんだかどっと疲れました。

あーでも、以前聴いたときよりも大フィル良くなっていたような気がする。
特に弦が。できれば、コンマスが音楽財団よりドラゴネッティを借りている間に
聴きに来たかったのですが、ちょうどその間は、聴きたいソリストが来なかったので残念でした。

ところで、シンフォニーホールに行く途中、いつもハービスエントのビルに
掲げられているファントムの看板を見るのが楽しみだったのに。
当然のことながら、外されていて、おまけに三越のビルがかなり建っているので
エント自体が見えなくなっていたような……あ~あ
スポンサーサイト
カテゴリ:コンサート・舞台など | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。