文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● jCS 初日 ● 2009年06月09日


とうとう、待ちに待ったエルサレムverの初日を迎えました。
劇場に着いたのが、ちょっと早すぎて……時間を潰すのに苦労しましたが。

200906091818000.jpg

自由劇場の時からメインキャストで変更があったのは、マリアとヘロデ王だけの模様。
マリアは、西さんが休団中なので、高木さんに、
ヘロデ王が星野さん→大塚 俊さんに。

ヘロデ王の変更は、嬉しい変更でした

アンサンブルは、上出さん、染谷さんがいらっしゃならいのが
残念ですが……赤瀬さんがいらっしゃるからいいか♪

さて、初日。

金田神様

メイクが少し変わったのかな?
目元が前よりくっきりしていたような……。
伸びやかな声、圧倒的な声量、存在感は素晴らしい。
もう少し、表情が動くといいなぁ。
「なーぜー知ーりたい~」ここの突き抜けるような「なーぜー」の歌い方が
ツボだ(笑)


スンラユダ

熱い中にもどこか冷静な部分が感じられるようになってきたような?
でも、私にはちょっとそれが物足りなかったり(笑)
「彼らの心は天国に」や「スーパースター」は、やっぱりスンラさんでないと!


高木マリア

西さんが休団なので、今回は高木マリアのシングルなんだけど……。
何か気の強さが見え隠れするマリアな気がする……クリスティーヌの時は
感じなかったけど。
ユダに責められた時も、「ユダなんて眼中にないわ、何言われても平気」みたいな。
西マリアが好きなだけあって、やっぱり比べてしまうみたい。
あれ?ジャポネスクverの時は、そんなに不満に思わなかったのに……。
もう少し、ジーザスに対する慈愛、一途さが感じられるようになるといいな。

本城シモン

「狂信者シモン」ナンバーで彼の本領発揮されるのですが、
これを聴いていると、自分も群集に混じりたいって
切実に思う。
狂信的にジーザスを信じているシモンの気持ちが伝わってくるし、
圧倒的なパワーを感じるナンバーで、ワクワクする。
シモンの一途な気持ちが伝わってくるからこそ、
この後の、「哀れなエルサレム」の群集たちの表情が
なんとも言えません。

飯田ペテロ

今回も飯田さんは、ペテロでした。
が、私はひょっとしたら司祭の飯田さんの方が好きかも。
飯田さんの表情で好きなのはやっぱり「あんなヤツ、知るもんか!」って
思わず言ってしまって、ジーザスの予言どおりになってしまったと
思い出し、ショック!な表情とか、マリアに「ペテロ、あの人は死ぬわーあなたのせいよ」
って、責められるところとか。


大塚ヘロデ

やっぱり、ヘロデ王はこうでなきゃ!!!
わがままな放蕩王って感じが良く出てるし、
あの、キラキラメイクがとっても素敵。
大塚さんに似合ってる。

京都の時とかは、ぼーっと見ていたせいか気がつかなかったけど、
土ぼこりとか、かなり舞うんですね。

あ、最後の磔のシーンで思ったこと。
金田神様……名古屋から大阪までの間に少しお腹周りが太った?
上半身とかは痩せたかな?と思ったのにお腹の辺りだけが……orz。
磔刑姿が美しく無かったですよっと。
スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。