文章ここからのフリースペースです。
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
カテゴリ:スポンサー広告 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
● BB&先斗町 ● 2009年10月27日
今日は市クラブの代休を使って、先斗町&京都劇場に行って来ました。
母が食べたいと言っていた双葉の栗大福を買う為に出町柳に行ったのですが、
なんと店の前に行くと……お店は休みだった
ショックーーーーーーーーー

気を取り直して三条に戻り、いつものお店にランチしに向かう。

200910271346000.jpg

どれを注文するか迷ったけど……。

今日は茶飯の炒飯セット。
付け合せ↓

200910271346001.jpg

この2品でお腹いっぱいだったけど、デザートを食べないなんて考えられない(笑)
ということで、食後のちょっとデザート。

200910271407001.jpg

抹茶あんみつで黒蜜がかかっているのですが、最初は『甘っ!』と
思ったけど、わらびもちとの相性が抜群で
やわらかいわらびもちが、黒蜜と絡み合い舌の上でとろける感じで
本当に美味しいのです。

このお店でまったりとした後、京都劇場へ。

リハ見は前回とほとんど同じ。
劇場に入った時に2幕の冒頭の狼のシーンを終えたところで
飯田さんがちょうど舞台から降りようとしていました。

ちょw
そのシーン観たかった(前回も観たけど)
で、次は、変わり者のベルを通しで(前回観たのに)
で、その次は酒場(またーーーーーーーーこれで3回目
や、楽しいシーンだから好きだけど、3回目ともなるとねぇ……。

今日も質問コーナー無かったし。
ちょっと、微妙なリハ見でした。
でも、リハ見は素顔の役者さんを観ることが出来るので好きです。

本編はというと……。

リサベルと飯田ビーストの年齢差思ったほど気になりませんでした(笑)


ベルが父の代わりにビーストの城に残るのを決心し、それをビーストに
伝えるところで、ビーストの「何、お前がか?」だったけ?の台詞、
まさかベルがそんなことを言い出すとは思っていなかった
ビーストの驚きと戸惑いが凄く伝わってきました。

飯田ビーストの「愛せぬならば」は本当に聴き応えがあって好き。
あと、「愛せぬならば」のリプライズのシーンも。

ビーストが飯田さんでないとこんなにリピートしてないな。
スポンサーサイト
カテゴリ:劇団四季 | TB(-) | Page Top↑ CM(-)
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。